1.マンション管理とは

 分譲マンションの管理は、「区分所有法」「マンション管理適正化法」に基づいて行われます。各住戸の所有者(区分所有者)が管理組合を組織し、マンションの基本的なルールを定めた「管理規約」に基づいて運営していきます。管理費の予算・決算、共用部分の維持管理、規約・細則の変更等、マンション内の意思決定は、総会での組合員の合議で行います。

合意形成…管理組合が組合資産を使って行う業務は、組合員の合意を得る必要があります。マンション標準管理規約によると、一般的な大規模修繕工事は総会の過半数の賛成で決まります。ただ、大きな予算を必要とする事業では、意見が対立したり、検討が不充分だったりするなど、トラブルが発生する件数は少なくありません。
当社では、長年の実績と経験に基づき、管理組合の皆様の立場に立った
     「合意形成コンサルティング」
のサービスをご用意して管理組合をお手伝いいたします。